« (ノο゜)ノ オオオォォ-yahoo動画で「ホテリアー」(追記あり) | トップページ | ホテリアー(Rm.)第1話~あのプリンスも偶然出演!? »

その後のyou tube~またまた問題勃発!?

くだんの著作権違反動画問題ですが、

なにやら、ややこしい事になってきました。

昨日も書きましたが、当分youtubeの話題は

尽きない気配です。

YouTube、ビデオクリップ削除要求のイタズラに
本気の対応

 この話はもう耳にしている人もいるかもしれない。
Google傘下のビデオ共有サイトYouTubeに、
オーストラリア放送協会
(Australian Broadcasting Corporation:ABC)を名乗る
署名入りの警告文が届いた。
内容は、YouTubeに対し、ABC Televisionの番組
「Chaser's War on Everything」からのビデオクリップを
すべて取り除くよう求めるものだ。
そこでYouTubeは、Viacomなど名の知れた企業から
著作権絡みの圧力を受けて過敏になっていたのか、
この求めに応じた。
ChaserのクリップはあらかたYouTubeから姿を消し、
この番組のコンテンツをアップロードしたユーザーは、
削除しなければアカウントを打ち切るという内容の
警告文を受け取った。

 だが、これには落とし穴があった。
削除を求める書面は偽物だったのだ。
Mashableによれば、書面を出したのはオーストラリアの
パースに住む15歳の子どもだったという。
落とし穴はもう1つあった。オーストラリア放送協会は、
話題になれば良い宣伝になるので、
ChaserのクリップがYouTubeで流されることを
本当は歓迎しているのだ。
二重のしくじり、というわけだ。

つまり、

昨日の報道に影響を受けたのかどうか?

15歳の男の子が、イタズラ削除要請を

youtubeに送る真に受けたyoutube側が

当該動画を削除ニセ削除要請と発覚

が!

動画の権利者は宣伝効果を期待して無断ULを

歓迎していた!(☆o☆)ナント!

そして、この引用には無い部分では

動画を削除の際、ULした人にyoutubeが

「同じ事を繰り返すなら、youtubeへのアクセスを

遮断する」と脅かした

これ以後、その権利者の動画は

2度とULされない?宣伝効果が無くなるのを

憂慮、と言う事ですか。

宣伝効果と著作権

これは微妙な問題ですね~

少し前にyou tubeで見つけたのですが

まさに今日から、テレ朝でリメイク版が放送になる

「ホテリアー」の動画が(1話分のみ)

imxamerica(←ここ大事)のIDで

上げられているんです。

(動画リンクは不可になってますが)

これはまさしく宣伝の為に、imxさんのアメリカ支部

の方が上げられたんですよね。

今やyou tubeは格好の宣伝の場ですから^^

日本のネット配信のドラマも、ずっと前から

1話は無料で見られていましたが

権利の面から言えば、1話もそれ以後も

同じラインの著作物な訳で・・・・

音楽の場合も、配信サイトで30秒とか45秒とか

聞けたりしますが、これすらも今の法律上では

勝手に公開できない・・・・

宣伝はしたいけど、購買意欲を消失させる程の

タネ明かしは困る・・・・(-_-*)フム

実に難しい問題です。

この境界線は永遠に誰も決められないかも?

人それぞれに基準は十人十色ですもんね。

|

« (ノο゜)ノ オオオォォ-yahoo動画で「ホテリアー」(追記あり) | トップページ | ホテリアー(Rm.)第1話~あのプリンスも偶然出演!? »

ニュース」カテゴリの記事